産業プロセスでの制御について

接触式の温度測定が適していない、または望ましくない産業用のアプリケーションは数多くあります。
例えば、測定速度が求められる、対象物へのアクセスが難しい、接触プローブが測定対象物に影響を与える可能性があるなどが挙げられます。
このような場合には非接触温度測定が最適な方法です。
ガラスや金属の製造などの非常に高温または高速で移動する物体の製造プロセスの制御や、
特別な衛生要件が課せられる食品および製薬業界など、多くの産業用途で使用されています。

非接触温度測定のメリット 

・移動または振動する物体の測定が可能
・1秒間に複数の値を取得する高速測定
・測定測定対象物が爆発性、腐食性、高電圧または高温環境でも物理的または化学的影響がない
・長寿命でメンテナンス回数が少なくて済む

産業用の温度測定アプリケーションでは、物体の放射率を知ることが重要です。
人体の放射率は 約98%で、100%に近いため非接触の人体温度測定では気にしなくても問題ありません。

放射率が100% よりかなり小さい (例えば 90%以下)場合、慎重に検討する必要があります。
これは、製造プロセス中の非接触温度測定対象に多い金属やガラスの場合が特に該当します。

さらに、放射率は材料だけでなく、温度、酸化状態、処理状態にも依存します。
このように多くの場合、産業用での非接触温度測定はターゲットの放射率を知るところから始まります。
正確な産業用測定の重要な要素は、赤外線サーモパイル センサーに取り付ける適切なフィルターを選択することです。
センサーとターゲット間の大気透過率の変化の依存性を減らすには、
通常8 ~ 14 μm の範囲の高品質の光学フィルターを取り付ける必要があります。
この波長範囲はほとんど吸収が起こらない「大気の窓」としても知られています。
したがって、対象物から放出される赤外線放射は、
周囲温度や湿度などの周囲条件とはほとんど無関係にセンサーが受けとることができます。
Heimann sensor社の F8-14 標準フィルターは、
8 ~ 14 µm にシャープなエッジを持っているため、
距離依存性が低く、正確で高品質な産業用測定に最適なフィルターを取り付けて提供しています。

産業用プロセス制御のその他のアプリケーションには、
溶接および溶接再加工の温度観察、摩擦溶接、排気温度の監視、常設またはハンディタイプの高温計が含まれます。
産業用リモート温度測定に最も一般的に使用されるセンサー シリーズは次のとおりです。

推奨センサー
HTS Lシリーズ

HID Lシリーズ
HTPAシリーズ

引用元:https://www.heimannsensor.com/process-control

お気軽に相談ください

ご用件 必須
お問合せ内容 必須
ご担当者様 ご氏名 必須
会社名 必須
部署名・役職
メールアドレス 必須
メールアドレス 確認 必須
お電話番号 必須 - -
お知らせ 弊社からのお得なお知らせを受信しますか?
プライバシー 必須 プライバシーポリシーに同意しますか?
確認画面へ進むボタン  

関連会社

【本社】
〒511-0911 三重県桑名市大字額田293番地 TEL:0594-33-3080(代) FAX:0594-33-3081
e-mail:info@ssc-inc.jp ホームページアドレス:https://www.ssc-inc.jp

Copyright© 2010 SSC株式会社 All Rights Reserved.