サーモカメラモジュールSSVシリーズについて

簡単温度計測!サーモグラフィ!
サーモカメラモジュール
SSVシリーズ

仕様の確認はこちら

-温度計測を容易にするために

温度換算された出力で、

簡単に温度計測・サーモグラフィが可能。


  対象物の赤外線を検出し非接触で温度測定。

測定物に傷がつかず、衛生的!


サーモパイルアレイセンサーを使用した

高いコストパフォーマンスを実現!

-サーモカメラモジュールとはサーモカメラモジュール SSV80x64

サーモグラフィに利用可能な温度計測モジュールです。
人や物から発生している放射エネルギー(赤外線)を測定することで、非接触で表面温度を測定することが出来ます。サーモグラフィに利用される多くの製品は高額な“ボロメータ”を使用しています。

-今までの製品と何が違うの?

SSVシリーズのサーモカメラモジュールは“ボロメータ”ではなく“サーモパイル”を使用しています。
(関連リンク:サーモパイルの応用

サーモパイルはボロメータより低コストで量産製品に適しており、連続した温度監視を特に得意としています。これまでは画素数がボロメータに劣っておりサーモグラフィとしての利用がされてきませんでした。しかし最近では5,000画素以上のサーモパイルセンサーがあり高解像度のサーモグラフィとして利用できるようになりました。弊社は赤外線センサーの開発案件を多数サポートしてきた実績がございます。お客様のアプリケーションに応じたカスタム品の開発やOEMにもスピード感をもって対応させていただきます。高解像度のサーモグラフィ機器を低コストで量産化することができ、サーモカメラ業界が新しい時代となることでしょう。

-用途

・人や物の検知

サーモカメラで人や物を見ることで、温度情報から位置・数の検知が可能です。夜間など目で人や物が確認できない状況でも使用することが出来、防犯を目的とした機器での利用や、施設内の空調・照明の管理といった省エネルギーを目的にした利用方法が可能です。

・分電盤、電気設備の監視

サーモカメラを使用して電気設備を継続監視することで、接続不良や腐食・酸化等による温度上昇を検知し、設備保全の手助けをすることが出来ます。漏電による火災などの電気事故を未然に防ぐため、アラーム等の通知システムと組み合わせることが想定されます。

・介護・ヘルスケア

サーモカメラで人の表面温度を確認し健康状態を予測する目的や、体表面の温度情報から骨の歪みを予測する目的とした機器への組み込みが出来ます。また介護の現場では、個室やトイレなどのプライバシーに配慮が必要な場面での見守りシステムに組み込むことも出来ます。

・食品の温度管理(HACCP)

2021年6月から食品事業者に向けてHACCPに沿った衛生管理が義務付けられました。
特に熱処理は重要管理点に指定されており、これまで以上に温度管理の意識を高める必要があります。サーモカメラは非接触で温度計測をおこなうため、安全で衛生的な温度管理をすることが可能です。計測エリアを熱画像で確認でき、熱処理が十分でない部分を直感的に見分けることが出来ます。

・道路の温度監視にも

路面の温度計測を目的とした機器に組み込めば、温度測定を点ではなく面でおこなうことができ、温度の上昇率あるいは凍結の可能性を知ることが出来ます。サーモカメラとIoT技術の連携で遠隔地からその様子をモニタリングすることも可能です。

 

-熱画像イメージ

80x64
 32x32
 88 

測定エリアの計算はこちら↓

SSV測定エリア計算

 

-アプリケーションサポート体制

SSCは赤外線センサー及び赤外線センサーアプリケーション(非接触温度計、CO2センサー)のメーカーであり赤外線サーモパイルセンサーのアプリケーション開発に関しまして長年に渡る実績とノウハウを持ち合わせております。
今回発表したSSVシリーズは“温度計をもっと簡単に使いたい”というお客様の声にお応えするためにSSCが開発した赤外線サーモパイルアレイセンサー型温度計測モジュールです。さらに測定距離や測定視野、用途などお客様がお求めになる様々な用途にSSCが自信をもってご満足いただけるソリューションをご提案させて頂きますのでどうぞお気軽にご相談下さい。

<仕様>

製品名をクリックすると製品画像を見ることが出来ます。

製品名 資料 画素数 計測温度 温度精度 視野角 フレームレート 電源 通信
SSV8x8-01-11 仕様書 8×8(64)  0~250℃ ±3℃ 23×23度 1,2,4,8,16fps
( 切り替え可)
DC5V I2C
SSV32x32-01-11 仕様書 32×32(1024) 90×90度 1,2,4,8fps
( 切り替え可)
I2C
SSV32x32-02-11 33×33度 I2C
SSV32x32-03-11 93×93度 I2C
SSV80x64-01-11 仕様書 80×64(5120) 41×33度 DC5V, PoE UDP, PoE
SSV80x64-02-11 90×70度

※上記性能は標準品です。
用途に沿ったカスタム開発・OEMも可能です。

 

<製品の詳細情報はこちら!> 8×8  32×32  80×64

【関連ページ】

非接触温度計のQ&A  サーモパイルの応用  SSV紹介動画

関連会社  21世紀のリーディングカンパニー株式会社HME  21世紀のリーディングカンパニー株式会社ハツメック  マックスナーエレクトロニクス株式会社    

【本社】
〒511-0911 三重県桑名市大字額田293番地 TEL:0594-33-3080(代) FAX:0594-33-3081
e-mail:info@ssc-inc.jp ホームページアドレス:https://www.ssc-inc.jp

Copyright© 2010 SSC株式会社 All Rights Reserved.